プライベートSUPガイドで宮川

 

こんにちは!
梅雨明けしてから毎日蒸し暑いですね〜!

 

陸上にいると何もしてなくても汗がダラダラ…
もうスーツを着て働くことは考えられない今日この頃。

 

暑い夏は川で働くようになってから早10年。
完全に発汗機能がおかしくなっているナオッキーです。

 

さて、この火曜日は2週続けてプライベートガイドでSUPを楽しんできました!

冬にはすっかりお馴染みのプライベートガイドというプラン。


SUPではそういうメニューは用意していないけど、リピーターさんから常設プラン以外にいろいろとリクエストを頂くので貸切ツアーを細々とやっております。

 

 

 

んで、またもや奥伊勢「宮川」へ。

宮川SUP Caravanをやっていた先週は予定があって来られなかった皆さん。
先週のツアーの様子を見せつけられて、どうにもこうにも行きたかったらしくリクエスト頂きました。

名古屋からでもなかなか遠い宮川。
日帰りでやって来るのは腰が重いけど、リクエストのおかげでまた遊びにこれたのは嬉しかったりして…

 

 

 

今回のゲストの皆さん、テンション高め。

不揃いな「命!」から〜

「ドーラ一家」からの〜

「桜の花びら〜」

 

5人も揃うと1人〜2人よりもサマになるね!
少人数の貸切感もいいけど、こういうアウトドア・レジャーって大人数で騒ぐのも楽しい。

まだまだ弱小SUPガイドのワタクシ。
早く10艇以上並べて遊んでみたいもんです。

 

そして相変わらず清流宮川の水は超クリア!

 

ほらほら!川底に落ちてる新聞紙だって読めちゃうぞ!!!

 

 

…ってゴミ落ちてるやん。

そう。いくら川の水が綺麗っていってもゴミが皆無なところは少ないのが日本の川の現実。
山奥の沢でさえも横に林道がついていれば悪徳産廃業者がゴミを捨てた跡はよく見る光景です。

 

残念ながらうちのホームの飛騨川や長良川にだってゴミは流れてる〜。
海にだってある〜。

人間はなんて罪深き生きものなのか。
もちろん、僕らも生きている以上は無関係ではないお話です。

落とし物だってするしね。

 

 

おっと話がそれた。

 

しっかし、少なくとも2mはある水深で川底の新聞が読めるほどの水質はさすがの一言です。

この綺麗な川を守るために日頃から皆んなで気をつけていきましょう。

 

 

 

たっぷり遊びながら折り返し地点へと到着〜。

今回はなんと、ゲスト様からスイカの差し入れが!
ありがたや〜。

スイカの皮はもちろん、種も出来る限り落としていかないように美味しく頂きました〜。

 

 

 

ここで少しSUPを担いで上がって上流へ。
次週の布石となるプチ流水体験を行いました。

宮川は川だけどSUPを楽しんでいるのは三瀬谷湖っていう湖です。
だからホンマの川とはちょっと違うんですね。(ホンマの湖とも違うけど)

 

フィールドが違えば操作の感覚もまた違って難しい!
スノーボーダーな皆さんはこのちょっと難しいことが面白くてしょうがないみたいでした。

 

 

 

そうこうしているとゴロゴロって鳴って雨が降り出しました。
雨の宮川も乙なもんですね〜。

 

日本有数の多雨地帯「大台ヶ原」から流れくる宮川。

このあたりの植物には熱帯気候の植物のようなパワーを感じます。

名古屋からちょっと走るだけでこれる南国「奥伊勢」をまた楽しませて頂きました!

 

ありがとうございました〜!

 

最後にちょっと色気のない話ですが、元々の企画ではなくてリクエストで遠征する場合はちょっと費用が嵩みます。

もちろん「それでもBC Caravanで!」って方からのリクエストは喜んで行かせて頂きます!

 

超ウレシイです!

 

 

とは言え、今回も宮川を楽しめたのは現地ガイドVerde(ベルデ)の大山さんのお力添えがあったからこそ。地域のローカルルールや現地のナマの情報に詳しい方の案内は安心感が違うので、これから行ってみたい人は是非ともご利用ください。



ではではプライベートガイドは次週の長良川編に続く!