春の北海道バックカントリー(ツアー編)

 

最後の最後に今回の春の北海道バックカントリー唯一のお仕事をやってきました!

 

下見は天気がいいのに週末に限って悪天候だなんて…
実は今回のゲストは昨年の2月に旭川エリアでのバックカントリーガイドにご参加いただいた地元、北海道民の皆さん。

 

2月なのにまさかの全国的な雨というコンディションを引き当ててしまった超雨男さんがいらっしゃいます。

 

実際にはそんなのは関係なく、ゲストさんは全く悪くない。

僕たちガイドはその中でできることを尽くすだけです!

 

 

 

本当は土曜日にお申し込みを頂いていたんですが、土曜日は雨が降るような予報。

雨に当たるよりはカチカチ山を取ろうと3日ほど前に日程を変更して頂いたのですが、今度は天気が少しずれた感じに。

 

なかなか持ってらっしゃいます。笑

 

どこへ行こうかいろいろと悩んだ結果、ピンポイントで雲が抜けていそうな十勝岳へ。

この選択は正解だったようで、登りだしの斜面は既に雪が緩んでくれていました。

 

 

 

今回は5年ぶりにバックカントリーどころかスノーボード復帰戦って方もいたので、体力温存の為にポチ(板を犬のように引きづること)って頂きました。

 

スノーボード復帰戦でカチカチ急斜面とか自殺行為なんで、ここで良かったと思います。

 

 

 

今日の十勝岳は南西の風の爆風予想。

正直言ってこの風向きで風をかわせるところは少ないので、数少ない風下斜面を狙って行きました。

 

早めに下山する他のパーティとすれ違いながら約2時間のハイクアップからドロップ!

 

狙った斜面は程よく緩んでいていい感じにライドできました!

 

 

 

いや〜、ボチボチ滑りを楽しめましたね!

さあ、次の斜面に向かいますかぁ。

 

なぜかスキーなのにスノーボードを背負っている方がいますが、それだけ仲良しってことですね。

 

 

 

2本目は季節外れの風雪に耐えながら、十勝岳山頂が見えるところまで登ってきました。

 

山頂を目指していた他のパーティも途中で撤退してきました。

確かにこの日は山頂を目指す日ではないですね。

 

もうちょっと雲が抜けてくれないかな〜なんて粘ってみるも天気は回復はせず。

ここから滑って降りま〜す。

 

 

 

 

さすがに標高1500m以上はカチカチ山なので、パウダー?が薄っすら積もっているところを繋いで標高を落とします。

 

少し降りてくると、雪面は安心して滑れるだけに緩んできました。

 

 

 

そこから残雪が残った沢を快適ライド。

ボトムまでよく走る雪で気持ちよく滑れました!

 

5年ぶりのスノーボード、存分に楽しめましたね!

 

 

 

いや〜、今日の山は寒かった!

下山後は温泉で体を暖めてから焼肉で打ち上げ〜!

 

麓の上富良野町は「豚さがり」が有名な街。(写真は肩ロースです)

ゲストさんとは一年ぶりの再会なので、積もる話に花を咲かせながら美味しく頂きました。

 

今回のツアーでは下見以外はイメージしていたようなポカポカ陽気の春の北海道ではなかったですが、楽しかったのでヨシとします!

 

天気に当たるかどうかはその時の運次第だけど、春の北海道は滑って、美味しいもん食べて、観光地をブラブラして〜とバックカントリーと合わせて旅を楽しむにはとてもいいところ。

 

また来期も企画する予定なので皆さん是非エントリーしてくださいね〜。