開拓系ツアーあるある


白馬ガイドの合間で久しぶりにやってきた妙高バックカントリー。

今日は先日のガイド研修でご一緒した妙高で活動するバックカントリーガイド『SANGA』のリッキーくんから、「妙高の変則ツアーに行くけどいきませんか?」とお誘いを受けたのでふたつ返事で行ってきました。

自分たちバックカントリーガイドは普段よく行くルートでも、お客さんのケアの為なかなか攻めたりできないけど、あの先に何があるのかな?と気になっていたりするもんです。

現地のガイドも普段は行かないよーってとこに行くのは楽しいもんですね。そんな開拓ツアーにいってきました。



今回はガイド盤渓で修業中の期待の新星、渋沢ヒカリくんも一緒にいきまーす。

まずは超メジャーな大斜面へと滑り込みます。
リッキーくんのスキーカットでスラフが流れた程度で概ね安定。

昨日、一昨日と降った雪はしっかり保存されていて超走るナイスパウダー!

ご厚意でファーストをゴチになりました。
あたーす!



そこからどういうルートを辿ったかはSANGAの企業秘密なので詳しくは書けませんが、要所要所で雪の状態を確認するリッキーくん。

自分もツアー中に行ったりしますが、自分がやっている以上に細かいことをササッとこなす辺りは流石です。

その無駄のない所作はとても勉強になりましたね〜。
雪の状態は一箇所ピット掘ってみたらOKってわけじゃないからね。



ここもまぁ大丈夫でしょってことでGo Go!



今日の雪がどんだけ良かったかってのは、この雪煙が物語っていますね!



自分も撮ってもらいました。
顔射サイコーです!!!

雪の焼結が早い妙高においてこの雪質は、まるでハイシーズンのような雪。

どこまでも滑って行きたくなるようなグッドスロープ!めっちゃいいですねココ!



核心の逃げ道をこなして癒しのモリーランへ。

さすがに3月なので、標高の低いところは湿った雪質に…

途中、カモシカ先輩に遭遇して癒されたりしながら、変則ルートで滑り降ります。



さてさて、この変則ルートの結果は…

際どいトラバースが多くてスノーボードのツアー向きじゃなかった!
開拓ツアーあるあるですね。笑

トラバースが容易なスキーにはやり方次第で充分に楽しいかも。

でもまあ、いつも行ってみたいな〜って思っていたところが行けてスッキリ。
別角度からロケーションも確認できていい下見となりました。

なかなかお客さんを連れてこういうことはできないので、やっぱり楽しいですね。

リッキーくん、ヒカリくんありがとうございました!また行きましょっ♪