晴天!大斜面!最高だったけど…


今年もやってきました!
国内第一級のバックカントリーエリア白馬へ!!!

多くのガイドクラブがひしめく激戦区ですが、プライベートガイドのオファーを頂き、やってくる機会に恵まれました。とてもありがたい!

土曜日と日曜日と雪と天気にも恵まれ、気心の知れたゲスト達と白馬のバックカントリーを楽しんできました。



金曜日の午後入りをしていろいろと見て回った上でこの土日は栂池のバックカントリーをチョイス。

天気予報的には八方もあるのか?なんて思ったりもしたけど、風の影響もあり雪付きが悪そうなので、白馬乗鞍岳の大斜面を滑ろうとやってきました。



ロープウェイ降り場では警察官の方が「遭難しないように気をつけてね!」と呼びかけるティッシュを配っておられました。

先日も遭難事故があり、まだ見つかっていないとかで注意喚起活動の一環のようです。

自分たちのやっている遊びは紙一重。
気をつけないとなーって改めて思います。



ロープウェイ運行の初日ということもあって、多くの人で賑わっていた栂池。

今回は今シーズン初BCな方達だったのでゆっくりゆっくりと山頂を目指しました。

自分たちが天狗原に着く頃には既にたくさんのラインが。それでも斜面はまだまだ広い。

稜線の飛雪も気になりましたが、残っててくれよ〜なんて願いながら登り続けます!



こっちの斜面は風の影響が強そうでしたが、滑った勇者の様子をみていると意外と悪くなさそう…

う〜む、斜面選びが悩ましいところです。



「もうちょっとだから頑張って〜。」
なんて言いながらこの斜面を選んだことに自問自答…

せっかくのいい天気だから、いいラインを滑らせてあげたい!なんてのは自分のエゴで天狗原あたりで充分だったんじゃないか?
みるみるラインが入っていく斜面を見ながらそんな考えが頭を巡りました。



そして待望のドローップ!

もちろん面ツルではなかったわけだけど、見た目以上に滑っていると他人のラインは気にならないくらいの大斜面!

ゲストもいいテンションでスプレーを上げまくってくれてたのは嬉しかったです。

それにしても天気よすぎ!



おまけ斜面も滑って絶景を楽しんで、皆さんいい笑顔!

その笑顔にホンマ救われます。

土曜日の皆さん、ありがとうございました!



そして日曜日も栂池へ。
今日は北面っぽい日。

本日は急遽オファーを頂いた公募ツアーです。

昨日にも増して沢山の人でごった返していたけど、割と早めに登り出すことができました。



大斜面の登りでまさかのラッセルを強いられたのもあったけど、頑張ってなんとか目的地へ。

そして昨日に引き続き、ここにも動きに無駄のないローカルガイドさんの先行ラインが。

急斜面の雪崩を警戒して安全マージンを取ったさすがのいいライン取り。
自分も今日滑るならココというラインの脇を滑る形になったけど、いい雪はちゃんと残っていました。

下まで滑ってきてラインを見つめ、「もうちょっと攻めてみても良かったかも?」と自問自答…

でも人のラインや動きに影響されて、予定と違う決断をするってのがヒューマンファクターってやつになるのかも知れません。

これで良かったんだと納得しようと思います。
でも悔しいな〜!



その後も別のローカルガイドさんと度々遭遇。
今日の栂池はガイドさん達で溢れていました。

THEアウェーな白馬を感じた2日間。

個人的に自分にはもっとやれることがあったはずと悔しさを感じ、今後の課題も見え、そして他のガイドさんの動きを見てとても勉強になりました。

自分を選んで頂いたゲストの期待を裏切らないように、もっともっと腕を上げていきたいと思います。

こんなことブログに書かなくてもいいことだけど、自戒の念を込めて。



なんだかんだと天気が持った1日。
最後に絶景を見て今日も1日ありがとうございました!

「今日、めっちゃ楽しかったです!」との皆さんの声が本当に嬉しかったです。

この仕事一生続けていこうと決めたんやから、足踏みしてないで向上しないとね〜。

まだまだ白馬シリーズは続きます。
明日も楽しんでいくぞー!