BCツアーに必要な服装・装備

バックカントリーでは自分が身につけているものが身を守ってくれます。できる限りこちらで紹介する装備をご用意ください。

特にロングハイクや行程が長いコースでは高機能な装備を持つことはとても重要です。

 

基本的に必要な服装・装備

滑走用具 ファットスキー、スノーボード、テレマークおよびそれらのブーツ
アウターウェア 防寒性、防水性、透湿性が高くフード付きがベスト
インナーウェア

化繊のフリースなどが望ましい 綿のパーカーやネルシャツは雪が凍りつくのでNG

アンダーウェア

ウールや化繊など濡れても乾きやすいもの

ゴーグル サングラスのみは不可
グローブ 防寒性の高いもの
ニット帽 暖かくて耳が隠れるもの
ネックウォーマー 冷気や風から顔を守ります バラクラバ(目出し帽)がベスト
ヘルメット ヘルメットのご使用を強く推奨します

バックカントリーツアーに必要なもの

ビーコン・プローブ・ショベル 雪崩救助用具(必須)
スノーシュー or シール

ハイクアップに使用

伸縮ポール

ハイクアップに使用

サングラス

ハイクアップに使用(ゴーグルだけでは汗で曇るのでNG)

薄手のグローブ ハイクアップや滑走&ハイクの準備時に使用
防寒着 コンパクトに収納できるダウンジャケットなど
行動食&保温水筒

寒さで凍らないもの(パンやチョコバーなど)

飲み物は暖かいものを保温水筒に入れて持ち運びます。

バックパック 20ℓ〜35ℓで上記の全てが収まり、板が取り付けられるもの
クランポン(任意) 春先の硬い斜面や難易度の高い行程には必要です。

バックカントリーツアー装備レンタル(要予約)

◆ビーコン・バックパック・スノーシュー

 各1,000円/1日

 

◆プローブ・ショベル・伸縮ポール

 各500円/1日

 

◆上記のフルセットレンタル

 3,500円/1日

 

※バックカントリー体験コースにご参加の場合、上記レンタル料は無料です。(要予約)

※2日間以上でご利用の場合は上記の料金の半額が1日あたりに加算されます。

 例:ビーコンを2日間レンタルした場合1,500円、3日間レンタルした場合2,000円