岐阜バックカントリーガイド

Backcountry guide in Gifu prefecture

岐阜BCガイド
白川郷バックカントリー(岐阜県)

中部山岳の最も西に位置する岐阜エリアは雪質が良くないという誤解が多い。

日本海から白山を越えてくる乾いた風は意外にも軽い雪をたくさんこのエリアに降らせてくれます。

 

中部・関西から人気のスキーリゾートがある「奥美濃」、近年世界中から注目を集める豪雪地帯「白川郷」、内陸特有のドライパウダーが味わえる「平湯」とフィールドがわかれています。

 

西日本からは最も近くて良い雪を楽しめる数少ないバックカントリーエリアです。

 

ご案内するフィールドはある程度のご希望には沿いますが、当日のコンディションによりその日のベストな場所を選択します。

Guide fields 開催場所

奥美濃BC
奥美濃バックカントリー

スキーリゾートからアクセスする初心者向けのルートから、ハイク&ライドで楽しむ経験者向けのルートまで意外と奥行きの深いフィールドです。

白川郷BC
白川郷バックカントリー

世界遺産で名高い白川郷BCはスティープなオープンバーンが魅力のフィールド。フルハイクして滑る斜面は急斜面なので充分な体力と滑走力が必要です。

平湯BC
平湯バックカントリー

標高が高く内陸に位置する平湯はドライパウダーが魅力のフィールド。奥美濃や白川郷に雪が降りすぎているときや気温が高いときなどに選ぶ場合があります。


Information お知らせ

大変申し訳ございませんが、白川郷BCや平湯BC(一部を除く)はバックカントリー経験の浅い方やレンタル装備が必要な方、滑走技術が不十分な方をご案内できません。ハイク時間が長く、滑走斜面のほとんどが急斜面であるため雪崩リスクが高く、お客様自身にも危険回避の技術を要求するためです。

 

経験の浅い方は奥美濃バックカントリーからのご参加をお願い致します。

 

経験豊富な方も初参加の方はお申し込みフォームからこれまでのバックカントリー経験を詳しくお伝えください。

両フィールドともお客様について何もわからない状態でお連れできるフィールドではございませんのでご了承ください。

Detail 詳細

ガイド料:13,000円+ガイド経費

対象期間:2月〜3月(詳細はガイドスケジュールをご覧ください)

参加定員:5名〜6名(2名から実施)※

      ※ 1名のみで開催の場合、割増料金は頂いておりませんがガイド経費のご負担額が大きくなります。

      ※ 5名以上となる場合はプライベートガイドをご利用ください。

集合解散:行き先により異なり詳細な場所は前日にお知らせします。

予定時間:7:00~16:00(うち行動約4〜5時間)

 

その他の費用について

ガイド料金以外に下記の費用が必要となります。

ガイドの経費は当日の参加者で頭割りご負担頂きます。

  • ガイドの経費(ガイドのリフト代・回送タクシー料金など)
  • ご自身のリフト料金(リフト・ゴンドラ利用の場合)
  • 保険料(登山保険未加入の方)
  • 写真撮影料(オプション・デジタル一眼で撮影)

 

ガイドフィールド

  • 奥美濃BC(大日ヶ岳・野伏ヶ岳など)
  • 白川郷BC(野谷荘司山など)
  • 平湯BC
  • その他

 

ご参加対象と持ち物について

こちらはバックカントリー経験者に向けたツアーです(レベル2〜3)

ご参加頂くにはご自身の装備をお持ちである事が条件です。(レベル2は有料レンタルも可)

詳しくはこちらをご覧ください。>>ツアーレベルと持ち物とついて 

 

 

補足とご注意

ご予約を取り消された場合はキャンセル料が掛かります。

その他、ご注意いただきたいことがございますので予約前に必ず注意事項に目を通してください。

ご参加に当たっての注意事項