妙高・北信エリア

 

長野県と新潟県の県境に位置する妙高・北信の山々は古くから山スキーヤーに愛されるエリア。

 

日本海に近い妙高エリアには大量の雪が降り、ハイシーズンはパウダーが楽しめ、春は残雪の広大な斜面を楽しめます。

 

少し内陸側の北信エリアでは軽いパウダーが楽しめ、フルハイクが必要な山が多いので人が少ない静かな山を楽しめます。

 

妙高バックカントリー

妙高山とその外輪山
妙高山とその外輪山

妙高山とその外輪山(三田原山・神奈山・前山)はスキー場からアクセスできる人気のフィールド。疎林のメローなラインから、スティープな解放斜面まで幅広い選択肢があります。

 

また春には黒沢岳・火打山方面の奥山へ足を伸ばすなど、シーズンを長く楽しめるフィールドです。

 

 

黒姫・戸隠バックカントリー

黒姫山から高妻・乙妻山
黒姫山から高妻・乙妻山

妙高山とお揃いのようなカルデラが特徴的な黒姫山は、針葉樹を主体とした森の地形が面白いツリーラン。

 

戸隠方面はフルハイクで楽しむ佐渡山・五地蔵山などあまり人の入っていない静かなフィールドが揃っています。

 

1dayではなかなか遠いですが、高妻・乙妻山も魅力的なフィールドです。

鍋倉山

 

北信エリアの超メジャーフィールド。ブナ林が気持ちのいい日本らしいバックカントリーフィールドです。

 

大人気の山につき平日がお勧めです。