道北(旭川・富良野)バックカントリー

開催時期:12月中旬〜1月

 

BC Caravanのキャラバン先で最北となる道北エリアは極低温と内陸に位置するため、とても軽い雪が積もります。誰が言ったかしらないがダウンの羽毛のような『羽根パウ』と称される軽い雪は間違いなく国内一いや、世界一の軽さです。

 

また市街地から各フィールドへは約1時間で到着でき、旭川空港に降り立ってすぐにバックカントリーへと出かけられるアクセスの良さもこのエリアの人気の理由のひとつです。

 

但し厳冬期には極低温の環境となるため、出来るだけ体を冷やさないようにスムーズな行動が求められます。そのためバックカントリー経験者向きのフィールドと言えます。

 

 

道北エリアのフィールド紹介

旭川市や富良野市を中心とした周辺の山々にはバックカントリーに適したフィールドがたくさんあります。

 

市内からそれぞれのフィールドへの移動距離が長いですが、コンディションによってどこかの山では楽しむことができるので、北海道でのバックカントリーを満喫する上で通い甲斐のあるエリアです。

大雪山バックカントリー

旭岳バックカントリー
旭岳バックカントリー

道北のバックカントリーの代名詞的フィールドです。

 

旭岳ロープウェイを利用できる旭岳や、層雲峡からロープウェイ上がる黒岳などは標高が高いため軽い雪が期待できます。

 

標高が高いため気象条件の影響を受けやすいですが、ロケーション抜群でコンディションが当たれば間違いのないフィールドです。

 

旭川近郊の里山バックカントリー

旭川近郊バックカントリー
旭川近郊バックカントリー

旭川市の郊外にあるカムイスキーリンクスや旭川市近郊の山々にはバックカントリーのフィールドが点在しています。

 

低標高帯からアクセスできるフィールドはコンパクトながら標高が低いため、風をかわせ悪天候時にも遊べるのが強みです。

 

旭岳や富良野岳に比べて混雑も少ないので貸切状態の山を楽しむこともできます。

十勝連峰バックカントリー

十勝連峰バックカントリー
上ホロカメットク山と化物岩

上富良野からアクセスする十勝連峰のバックカントリー。

BC Caravanが巡業する厳冬期はバックカントリー初級者にも易しい三段山や、樹林帯から真っ白なビッグバーンまでを持つ富良野岳・三峰山・前十勝岳などを滑ります。

 

早くから積雪があり比較的シーズンスタートが早いフィールドです。